サイボウズ Office

サイボウズ Office

Price 手頃な価格 [パッケージ版]

バージョンアップの
方法は2種類あります

  • クラウド版に移行して最新版を利用する

    クラウド版なら、いつでも最新版のサイボウズ Officeを利用できます。
    パッケージ版のライセンスはクラウド版へ引継ぎできず、新たにご契約が必要です。

  • パッケージ版のまま最新版を利用する

    「バージョンアップライセンス」のご購入で、最新版のサイボウズ Office 10をご利用いただけます。バージョンアップお申し込み前に必ず「バージョンアップ時注意事項」をご確認ください。

    • ※「サイボウズ Office 10」へバージョンアップお申し込み以降は元のバージョンへ使用権を戻すことはできません。

「サイボウズ Office」の最新バージョン “10”。
必要なときに必要な機能を使える新しい「サイボウズ Office」。
ムダを省いてより使いやすくなった最新バージョンをお試しください。

サイボウズ Office 10の
新機能

パッケージ版のまま
最新版を
ご利用される方へ

サイボウズ Office 1~9 / サイボウズ AGをご利用中のお客様は、
「バージョンアップライセンス」のご購入で、最新版のサイボウズ Office 10をご利用いただけます。

バージョンアップライセンス価格

機能
バージョンアップライセンス金額
10ユーザー版
¥59,800
20ユーザー版
¥88,000
50ユーザー版
¥158,000
100ユーザー版
¥298,000
150ユーザー版
¥428,000
200ユーザー版
¥558,000
250ユーザー版
¥680,000
無制限版
¥1,108,000
  • ※すべて税抜き価格

バージョンアップライセンスの概要

選択できるユーザー数

現在ご利用中のユーザー数にかかわらず、ユーザー数を選択できます

選択できるコース

同じ価格でプレミアム・スタンダードいずれかを選択できます(※)

バージョンアップ後の
サービスライセンス有効期限

ライセンス出荷日の翌々月1日より1年後

  • ※ プレミアムコースではデータベースのカスタムアプリがご利用いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。
  • ※ バージョンアップライセンスをご購入後にユーザー数を追加される場合は、プレミアムコース、スタンダードコースでユーザー数追加ライセンスの価格が異なります。詳しくはこちらをご覧ください。

バージョンアップ
注意事項

バージョンアップお申し込み以降は、バージョンアップのお申し込みを取り消し、
元のバージョンへ使用権を戻すことはできません。
事前に動作環境や注意事項のご確認など、バージョンアップ作業を行うご準備の上、お申し込みください。

ライセンスに関する注意事項

プレミアムコースの新設について

「サイボウズ Office 9」以降、グループウェア基本機能に加えてカスタムアプリ機能をご利用いただけるプレミアムコースを新設いたしました。

バージョンアップライセンスをご購入後にユーザー数を追加される場合は、プレミアムコース、スタンダードコースでユーザー数追加ライセンスの価格が異なります。

カスタムアプリ機能について

カスタムアプリ機能は、プレミアムコースご契約中かつサービスライセンス有効期間中のお客様のみご利用いただけます。

ワークフロー、報告書、プロジェクト機能について

「サイボウズ Office 9」以降、ワークフロー、報告書、プロジェクト機能は基本ライセンスに統合し、サービスライセンス有効期間中のお客様のみご利用いただけるように変更いたしました。旧バージョンでオプションライセンスを所有していたお客様もサービスライセンス有効期間外の場合はワークフロー、報告書、プロジェクト機能をご利用いただけませんのでご注意ください。

連携APIの利用(サイボウズ KUNAI等)について

「サイボウズ Office 9」以降、連携APIによるアクセスはサービスライセンス有効期間中のお客様のみご利用いただけるように変更いたしました。
「サイボウズ KUNAI」等、連携APIを利用した製品をご利用中のお客様はご注意ください。

ケータイ機能について

「サイボウズ Office 9」以降、ケータイ機能は基本ライセンスに統合いたしました。

動作環境に関する注意事項

動作環境の変更について

「サイボウズ Office 10」では動作環境を一部変更しております。事前にご確認ください。

サーバースペックの目安について

「サイボウズ Office 10」では旧バージョンよりも高いサーバスペックが必要となります。
事前にサーバースペックの目安をご確認ください。

インストールディレクトリについて

旧バージョン製品から「サイボウズ Office 10」へバージョンアップを行う場合、旧バージョン製品と同じディレクトリに上書きインストールする必要があります。詳しくはバージョンアップマニュアルをご確認ください。

破損データのバージョンアップについて

現在「サイボウズ Office 9」以前のバージョンをご利用でデータベースが破損している場合は「サイボウズ Office 10」へのバージョンアップが行えません。そのため、バージョンアップお申込前に、破損チェックを実施していただき、破損データがないことを確認の上、バージョンアップの申し込みを行ってください。

  • ※データベースが破損している場合は、破損データを復旧していただき、破損データがない状態で、バージョンアップを行ってください。

画面デザインについて

「サイボウズ Office 10」へバージョンアップすると、一部のデザインが引き継がれません。
引き継がれなくなるデザインを設定しているユーザーは「青(標準)」デザインが適用された状態となります。あらかじめご了承ください。

「サイボウズ リモートサービス」を
ご利用中のお客様

「サイボウズ リモートサービス」のバージョンアップについて

「サイボウズ リモートサービス」をご利用中のお客様は、最新版へのバージョンアップを同時に行ってください。
詳しくはマニュアルをご確認ください。

「サイボウズ デヂエ」をご利用中のお客様

「サイボウズ Office」カスタムアプリ機能と「サイボウズ デヂエ 8」の主な違いについて

「サイボウズ Office」のカスタムアプリ機能は「サイボウズ デヂエ 8」と一部機能や仕様が異なります。詳しくは下記ページをご確認ください。

「サイボウズ Office」と「サイボウズ デヂエ」を
「サイボウズ Office」へ統合する場合のデータ移行について

「サイボウズ Office」と「サイボウズ デヂエ 8」を「サイボウズ Office 10」パッケージ版プレミアムコースにバージョンアップする場合には、以下のような手順で作業を行います。

「サイボウズ Office 9」と「デヂエ」
統合できません。
「Office 10」へバージョンアップした後、「デヂエ」のDBMファイルに書き出したライブラリのデータを、カスタムアプリに読み込んでご利用ください。
「サイボウズ Office 8」と「デヂエ」
「Office 10」へバージョンアップしてください。
通常のバージョンアップ処理の際に、「デヂエ」のデータをカスタムアプリに取り込みます
「サイボウズ Office 8 plus デヂエ」
「Office 10」へバージョンアップしてください。
通常のバージョンアップ処理の際に、「デヂエ」のデータをカスタムアプリに取り込みます
  • ※「サイボウズ Office 8」と「サイボウズ デヂエ 8」が別サーバー上にインストールされている場合は、同一サーバー上に移行してからバージョンアップ作業をする必要があります。

「サイボウズ Office 」と「サイボウズ デヂエ 」の
ユーザー情報連携について

「サイボウズ Office」と「サイボウズ デヂエ 8」のユーザー情報連携設定状況により、ユーザー情報・アクセス権設定が保持されない場合がございますのであらかじめご注意ください。

ユーザー情報連携設定状況
ユーザー情報
アクセス権
ユーザー情報連携あり
(サイボウズ Office plus デヂエをご利用の場合はユーザーユーザー連携されています)
保持
保持
ユーザー情報連携なし
Officeのユーザー情報のみ保持
Officeに存在するログイン名、グループ名のアクセス権のみ保持
  • ※「サイボウズ Office 10」と「サイボウズ デヂエ 8」でユーザー情報連携する場合は、「サイボウズ デヂエ 8」のバージョンが「8.1.0」以降である必要があります。

「メールワイズ」(パッケージ版)を
ご利用中のお客様

「サイボウズ Office 10」と「メールワイズ」(パッケージ版)の
ユーザー情報連携について

「サイボウズ メールワイズ 5.1.1」より前 のバージョンでは「サイボウズ Office 10」とユーザー情報連携を行うことができません。
「サイボウズ Office 10」へバージョンアップする前に、ご利用中の「メールワイズ」を最新版にバージョンアップしてください。

パッケージ版 - 価格 旧バージョンを利用中の方