決裁スピードが早くなり、アカウントの管理も楽になったー 株式会社サンアメニティ様

ビルメンテナンス業を営む株式会社サンアメニティ様。社内でのやりとりにサイボウズLiveを利用しており、事業部や支社ごとにグループを作成していました。

2015年にサイボウズ Officeへと情報共有手段を移行され、サイボウズLiveで使っていたスケジュールや掲示板以外にも、ワークフローで決裁の効率化ができるようになったといいます。

また、サイボウズLiveではできなかった、アカウントの一括管理ができるようになり、スムーズな運用管理が可能になりました。

ワークフロー機能で決裁スピードがスピーディーに

  • cybozuLive
  • サイボウズ Office

サイボウズLiveはワークフローの機能がなかったため、稟議や名刺申請などは全て紙で行っていましたが、承認まで2週間かかるのが当たり前だったそう。

サイボウズ Officeに移行しワークフロー機能を利用することで、現在は長くても2~3日、早ければその日中に決裁が下りるようになりました。

一括管理ができるように

サイボウズLiveではユーザーが自由にグループを作成できるため、いつのまにか管理者の知らないグループが作られてしまうことがよくあったそうです。

サイボウズ Officeへの移行によって、アカウントの付与や一括管理、アクセス権の制限などが容易になりました。

これからサイボウズ Officeに乗り換える方へ一言

“情報共有のソフトウェアは他にもあるとは思いますが、サイボウズ Officeは使い勝手が良いと思います。弊社の場合は、アカウントの付与や抹消を一括で管理できるようになったので、サイボウズLiveの時より管理負担が減ったほか、ワークフローなどの機能も使えて満足しています。”